黒田成彦のつぶやき

長崎県平戸市長の黒田成彦です。 日本本土最西端で地域おこしや産業振興に汗を流しています。 平戸市は古来より大陸との交易の窓口として栄えた貴重な歴史があり、また豊かな自然はたくさんの旅人を魅了し、そこから生産される新鮮な農林水産物は市場から高い評価を得ています。このブログを通じて、日頃思っていることや平戸市のことをドンドン発信していきますので、よろしくお願いします。

政治とは、次世代に不安や負担を残すことなど避けなければなりません。その一方で、夢や希望を抱き続けることができる明るい展望を指し示すことも重要です。

本年9月に開催された定例市議会の一般質問で、将来の高齢化や少子化によって「限界集落」などと指摘されている現状について、「市長は平戸市の将来像をどのように描いているのか」という質問が寄せられました。

以下に引用しました文章は、その時の答弁からの抜粋です。



平戸市の将来像についてですが、高齢化・少子化・人口減少を克服するための打開策として、また本市の将来像として、大きく三つに分けて私の思いを述べさせていただきます。

一つに、「これまで各産業で頑張ってきた先輩方の後を受けて、次の波(流行)やトレンド(潮流)を創るような勢いのある世代が中心となる産業クラスターの形成」を図らなければならないと考えております。

具体的には、農業・漁業・商業・観光業において、これまでの価値からステップアップし、次の時代にフィットした新たな産業として相互に連携し、ICTなどを駆使した近代化や省力化、そして躍動感ある活性化を達成する平戸になることを思い描いております。


 二つに、「子どもを中心に社会全体が支えあい、高齢者の知恵と経験を頼りに寄り添う世代間交流が実現するまち」の形成を考えております。

例えば「子育てをするなら平戸」を合言葉に全国から集まってくるような笑顔溢れる街として、世代間が知恵と優しさを共有できる地域の連携を目指し、そのための新しい雇用もきめ細やかに創出し、元気一杯の平戸になることを思い描いております。


 三つに、「豊かな文化で地域や国境を越えて集う賑わいとエキサイティングな出会い溢れる街」の形成であります。

平戸城やオランダ商館、未来創造館は単なる建物ではなく、出会いの空間であり、そこできっかけとなり思いを同じくする者同士の絆やチャンスを求めて多くの人々が世代や地域・国境を超えて集まる場所になりたい。常に街角から音楽が流れ、笑いがこぼれ、明日に希望がもてる雰囲気に包まれ、若者が住み続けたくなる平戸になることを思い描いております。(平成27年9月10日 本会議一般質問の答弁議事録より)



お気づきのように、私はあえてこの将来像の中に「高齢者福祉」と「医療や防災体制の充実」を表明していません。それは当然備えておくべき行政の必須事業だからです。むしろ、二番目にある「高齢者の知恵と経験を頼りに寄り添う世代間交流」こそが重要であると考えます。もっと簡単に言うと、高齢者の皆さんは独り暮らしの寂しい思いや病気で苦しむ姿から開放され、子どもとともに社会の中心にいてほしいという願いを込めました。

病院に通って呑まされる薬の数や種類に振り回されるのではなく、子育て教育の現役者として若い世代に関わって欲しいと強く願っています。そして、平戸市に受け継がれている重層的な文化の価値を思いっきり表現者としてアピールして欲しいと思います。それこそが生涯学習であり生き甲斐でもあります。

本誌に毎回、原稿を掲載される意欲ある方々を中心に、頭脳と時間を活用し、未来創造館を始めとする公共施設や雄大な自然の恵みを活用して、芸術文化を次代につなぐ伝導者として、ますますご活躍願いたいと強く希望しています。

渋くてなんとなく暗くなるような財政論議よりも、こんな夢のある話題で本会議の一般質問がいつもあればいいのにと思いながら、20年後には、「この通りになっているなぁ」と褒めていただけるよう頑張ってまいります。

 


 

ジョン・レノンの『イマジン』は、まぎれもなく20世紀を代表する作品だ。

「天国も地獄もなく、国境や宗教紛争のない世の中を想像してごらん」という呼びかけは、多神教もしくはアミニズム(自然崇拝)的な精神性に裏付けられた宗教的寛容性のある日本人には心に浸透するメッセージとなって、その優しいメロディーとともにいつまでも記憶から消えることのない平和の祈念碑として存在し続けている。

しかしながら現実世界は、ジョンの歌の中に込められた「君は僕のことを夢追い人(Dreamer)というかもしれない」という自嘲気味の言葉通りに、その理想郷を夢物語として残酷にも打ち砕いてしまった。終わることのない宗教の対立、部族間の対立、領土拡張主義。こうした争いは20世紀で終わろうとしたはずではなかったのか。私たちは、本当に歴史に学んでいるのだろうか。


そんな時、日本のポップス界を代表するMr.Childrenが新しいアルバム『Reflection』をリリースし、私はその中に収録された『fantasy』を聴き、そのメッセージに覚醒させられ見事に打ちのめされた。バンドリーダーであり作詞作曲者である桜井和寿がつくったこの歌は、まさにジョンが期待した『イマジン』への返歌であり、21世紀を鮮やかに象徴する歌になるかもしれないと。


「誰もが孤独じゃなく 誰もが不幸じゃなく 誰もが今もより進化してる」

「出来ないことはない どこへだって行ける つまづいてもまた立ち上がれる」

「僕らは愛し合い 幸せを分かち合い いびつで大きな隔たりも越えていける」

これらの耳触りのいい、聞いたことのある調子のいい言葉は、現実とは程遠いファンタジーであり、これを言い聞かせる大人の卑怯さと偽善を見抜き、歌詞に刻んでメロディーに合わせて桜井は嘲笑しているかのようだ。さらに彼は、これらのメッセージを「そんな願いを」「自信を」「希望を」「誓いを」といったん受け入れた上で、何のことはないそれらは「皮肉」であり「勘違い」で「嘘」と断じているのだ。


彼はさらに歌詞の中で、

「想像を超えた猟奇殺人さえ今や日常のドキュメンタリーでいちいち心動かない」

とまで表現し、この現代社会の狂気に警鐘を打ち鳴らしている。

ジョンのメッセージに歓喜し共感を覚えた団塊の世代諸氏は、この桜井の問いかけになんと答えるのだろうか。


 長崎市を訪れる修学旅行生の中に心無い数名が、原爆投下の悲惨さをガイドする被爆者に対し非礼な言葉をぶつけたというニュースがあった。もはや現代の若い世代は、20世紀の理想を追い求めてきた団塊の世代が発する「戦争の悲惨さ」「平和の尊さ」「生きることの大切さ」が届きにくくなっているのだろうか。それはひょっとしたら「戦争体験」という反動からくる「平和へのあくなき追求」が、若い世代にとっては現実世界との矛盾や背信として説得力のないものになっているからではないだろうか。かつて団塊の世代が夢中になっていた「非武装中立」なんて誰も信じないように。


 桜井が指摘している『fantasy』的な思考回路はそろそろ止めにして、現実世界に厳しい視線を注ぎながら若い世代と価値観の共有を図らなければならない。綺麗ごとだけでは、誰もついてこない時代なのだ。

 

 

 

 

 

  古典落語に「花見酒」という小噺がある。

 ある造り酒屋の小僧が一斗樽を抱えて花見会場にお酒を売りに行く物語だが、途中の峠で休憩していると向こう側から、もう一つの造り酒屋の小僧がやってくる。お互い知り合いの二人は、これから売りに行く酒の味自慢を始めるが一杯だけ味見をしようとなる。

 片方の小僧が100円を手渡し相手の酒樽から一杯もらって飲む。もう一人の小僧がまたその100円を手渡し相手のお酒を飲むというスタイルで、同じ100円が行ったり来たりしながら際限なく酒を酌み交わし、とうとう空っぽにしてしまうというオチだ。一斗樽が二つも空っぽになって二人の間に残ったのはたったの100円だけということがおもしろい。


 この経済小噺は何を意味するかというと、同じ域内でモノと金が行き来しても、それはミクロ的な消費満足が得られたとしても相対的には経済効果がもたらされていないということだ。要するに外貨獲得があってこそ地域経済の活性化が実現できることのわかりやすい事例でもある。

 地元でも季節ごとに様々なイベントが積極的に展開されており、当然地域の元気の発露や市民同士の盛り上がりも大切なのだが、そこに多くの外来者がお客様として賑わいたくさんの買い物をしてもらって初めて達成感ももたらされる。


 さて国の経済対策として「地域消費喚起・生活支援型交付金」制度を実施し、その一つに「プレミア付き地域振興券事業」が本年実施され、それぞれの自治体は独自の工夫をこらしてこの事業を活用している。平戸市では県内に先駆けて本事業を活用し、2割増しのプレミアで35千万円分(35,000セット、一冊1万円)の地域振興券を販売し、一人につき10セットを限定としていたが、早くも5月中旬までに売り切れるという事態に至った。このスピード完売には正直、関係者一同驚きを禁じえなかった。それは7年前に実施した同じプレミア商品券事業の時は売れ残る事態となっていたからだ。おそらく前回との違いは、「2割増し」というお得感と、やはりSNSの普及による情報拡散ではないかと思う。市外の方々も含めて「売り切れ間近」の情報がラインやフェイスブックで広がり結果的にわれ先にと殺到した形だ。


 その結果、様々な評価が寄せられたが、そのうち「なぜ市民を優先して販売しないのか」「市外の観光客などにも売るということは市民を軽視していないか」というものがあった。当然、市民の皆様にはこの情報を市の広報誌などでお伝えしているし、担当した商工会議所や商工会なども販売所を複数設置し市民への利便性を重視した。

 ただし「市外の方も購入することができる」という意味は、冒頭に述べた外貨獲得を目的とするものである。現在、県の事業で「しまとく通貨」という地域振興券が販売され、県内の大型離島における経済効果が高く評価されている。まさにこれと同じ理屈で市外の方々にもこの「平戸市プレミア地域振興券」を販売できるようにした。思いがけなく購入スピードが速く、また買うタイミングを失った方には恐縮ではあったが、本来の目的である地元経済の循環性と活性化においては一定の成果が見受けられることとなった。今後このような事業が再度可能であれば、幅広く購入しやすい事業として取り組んでみたいと思っている。

 

 

 

↑このページのトップヘ